サイトへ戻る

平成29年度税制改正による配偶者控除と配偶者特別控除

1.改正の概要

 29年税制改正での配偶者控除額の対象となる控除対象配偶者の所得金額は従前のまま合計所得金額38万円(給与収入では103万円以下)ですが、控除を受ける居住者の所得金額によって控除額が削減されます。

また、配偶者特別控除の対象となる配偶者の所得金額は、下記のとおり段階的に123万円以下と拡大されました。しかし、控除を受ける居住者の合計所得金額によって控除額は大きく異なることとなり、900万円を超える場合には控除額が縮小されました。 
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK